集客する人必見!インフルエンサーの活用法と費用相場についての紹介

>

ステマの被害に遭わないための対策も欠かせない

この記事をシェアする

ステマについて

インフルエンサーに情報発信を依頼する際に、ステマの対策を立てるのをおすすめします。ステマとはマーケティングの手法の1つですが、宣伝であるのを悟られないように情報発信をすることです。集客を依頼する企業が第三者的な視点に立ち、SNSのフォロワーなどに情報発信をする方法となります。インフルエンサーによっては、自分のブログや動画に集客の紹介をさりげなく行う場合があります。

心理学用語にウィンザー効果というのがあり、第三者の言葉であれば本当のことを言っていると感じてしまいます。影響力の強いスポーツ選手やお気に入りの芸能人からの情報は、特に高い影響力を与えます。

ステマは法律では違反の対象外ですが、伝われば企業だけでなくインフルエンサー側にもマイナスの影響を与えやすくします。また、景品表示法に違反をすれば、何らかのペナルティーを受けてしまいます。

できる範囲でステマの対策を立てましょう

ステマ対策をするには、インフルエンサー側に協力を依頼する必要があります。例えば、企業側が賃金を支払ったうえでインフルエンサーが集客アップの紹介をします。その際に、企業とのタイアップをしている旨伝えていれば、ステマにはなりません。ただし、表記の仕方は文字や音声でも良いですが、消費者に分かるようにしましょう。

企業側も、インフルエンサーに依頼をした旨記載をする必要があります。金銭を支払ったという表記は、一時的には消費者へマイナスの印象を与えるかもしれません。しかし、正当に手続きをしていれば信用にも繋がります。

集客アップの宣伝効果は1つの仕事であり、誠実な行いは後々にプラスの効果を発揮しやすくします。万全なステマ対策を行い、長く事業経営ができるような集客力アップをしましょう。


▲ TOPへ