集客する人必見!インフルエンサーの活用法と費用相場についての紹介

>

先ずはインフルエンサーの役割について確認しましょう

この記事をシェアする

ランクが高いとコスパも高い?

インフルエンサーにはランクがあり、SNSのフォロワー数が100万以上の単位である人をメガインフルエンサーと言います。フォロワー数が多い分、情報発信による影響力が高いため、集客をする際にプラスに作用する可能性が高くなります。

フォロワー数が10万人以上であればミドルインフルエンサーで、メディア出演度合いやカリスマ性はそこまで大きくなくても、集客をするには十分な影響力を発揮します。

ランクが高い人にインフルエンサーを依頼すると、100万円単位の費用が発生します。別途諸経費を入れると、1,000万円以上となりかねません。そのため、企業が全国展開レベルの体力がないと、却ってコスパが悪くなるかもしれません。また、インフルエンサー側も選ぶ権利があるので、ニーズが合わないとお断りとなる可能性はあります。

ランクが低くても意外と宣伝効果は高いかも

SNSのフォロワー数が100万以上のメガインフルエンサーに集客を依頼するのも1つの方法ですが、条件がマッチングしないと交渉成立はできません。たとえフォロワー数が1,000程度のナノインフルエンサーでも、一人ひとりのフォロワーと濃密な付き合いをしている可能性があります。その方が情報発信をすれば、フォロワー内での影響力が大きければ、却って高い情報発信効果を期待できます。

フォロワーが数万単位のマイクロインフルエンサーでも、エンゲージメントが高い傾向にあります。心理的にもフォロワーに仲間意識を植え付けていると、情報発信への影響力は高くなります。

なお、ランクが低い場合は10万円位で依頼を引き受けてくれるかもしれません。ただし、インフルエンサー選びの研究はしましょう。


▲ TOPへ