集客する人必見!インフルエンサーの活用法と費用相場についての紹介

インフルエンサーにはランクがある?

自分が経営する店舗を多くの人に伝える場合、広告や紙媒体で集客を集めるのは1つの方法となります。しかし、印刷代が発生したり多くの人に情報が行き届かない可能性はあります。この方法で多くの人に認知してもらうには、却ってコスパが悪くなるかもしれません。近年ではWEBやSNSの普及に伴い、集客をする際にインフルエンサーを活用するケースが増えているようです。

インフルエンサーとは、世間や人の思考や行動に対して大きな影響を与える人物のことです。テレビタレントや動画登録者が多い人気者、スポーツ選手など人々に少なからず影響を与える人が該当します。地方であれば、地元で活躍するレポーターや会社役員が当てはまるかもしれません。影響を与える人が良い情報を発信すれば、消費者への購買意欲の刺激に繋がりやすくなります。また、SNSの普及により高い人気のインフルエンサーが発信した情報は、拡散される可能性が増します。より多くの人に情報が届くようになり、かなり高い情報発信の効果が得られます。インフルエンサーを若者や女性など特定の人をターゲットにして賢く選ぶことができれば、更に効果は高まります。なお、人気が高いインフルエンサーほど、掛かる料金が高めの傾向にあります。

ただし、あからさまな宣伝の形で情報発信をしてしまうと、ステルスマーケティングの対象になりかねません。有名なインフルエンサーには少なからずアンチが存在するので、何かと揚げ足をとるようなことが情報発信されやすくなります。誰も得をしない状態になるので、インフルエンサーの選び方や情報発信の仕方を研究することも欠かせません。

先ずはインフルエンサーの役割について確認しましょう

インフルエンサーを選ぶ場合、影響力の強い人であれば大きな情報発信効果を期待できます。とはいえ、SNSのフォロワーが少ない人でも、登録者との関係が密なケースは少なくありません。ランクが高いという理由でインフルエンサーを選ぶのも1つの方法ですが、それがコスパの高い宣伝に繋がるとは限りません。

どのようなインフルエンサーに依頼するのが良いのか?

依頼するインフルエンサーを選ぶ際に、単に影響力が強い人を選ぶのは却ってコスパを悪くします。若者や女性などある程度顧客のターゲット層を絞ったうえで、ニーズに合う情報発信をするのが欠かせません。そこで、選ぶ際に押さえておきたいポイントを確認しましょう。

ステマの被害に遭わないための対策も欠かせない

インフルエンサーによる情報発信は、少なからず人々に影響を与えます。スポーツ選手やカリスマ性の高い芸能人であれば、高い効果を期待できます。しかし、あからさまな宣伝の形で発信をしてしまうと、ステマの対象になりかねません。自分だけでなく、選んだインフルエンサーにもマイナスの結果となります。

▲ TOPへ